FC2ブログ
ドラゴンクエスト4のクリフト×アリーナ(クリアリ)を中心とした二次創作サイトです。
恋のおまじない 後編
上手く影を踏んだら、影を踏んだまま「私の事を好きになって」と……云う?!
「わ、私の…」
焦るあまり吃るアリーナを探るような瞳でクリフトは覗き込む。
「姫様の……、何です?」
「私のこ…」
…こ、こんな事、本人が思いっきり見てる前で云える訳無い!
アリーナはくるりと背を向けると猛スピードで馬車の背後に戻った。
「…お帰りー、アリーナ」
魔導書片手にマーニャが手を振る。アリーナは小声で囁いた。
「マーニャさん!あのおまじない、無理よ!本人の前でそんな事を言ったら、ただの告白になるじゃない!」
「あー、なるほどね」
マーニャは魔導書の頁を繰りながら、納得したように頷いた。
「無理矢理告白まで持って行っちゃうから、『恋が叶うおまじない』なのかもね」
「もう!それだと叶わない人もいるじゃない!」
「元々おまじないなんだから、叶うかどうかは、上手く出来たとしても判らないのよ?」
「う…、まあ、そうかも知れないけど」
何方にしろ好きになってもらうのは大変、という事か。アリーナは溜息を吐いた。
「どうする?もう止めておく?他には『緊張しないおまじない』とか知っているわよ?」
「…もう少し頑張ってみる」
「そう?」
マーニャは本の陰で小さく微笑んだ。

再び近づいてきたアリーナにクリフトは警戒心を露わにした状態で対峙する。
「今日の姫様は御様子がおかしいですよ?何か心配事でもあるのでしょうか?この私に答えられる事でしたら何なりと…」
アリーナは自分の足がクリフトの影を踏んでいる事を確認すると意を決し、クリフトを見上げた。
「『私の事好きになって』」
クリフトの瞳が僅かに見開かれる。
「…って言われたら、クリフトは何て答える?」
よし、言えた!アリーナはぐっと拳を握った。後は全力で誤魔化すのみ!
「……」
クリフトはじっとアリーナの顔を見つめた後、にっこりと笑う。
「敬愛していますよ?御命令されずとも」
アリーナは不満そうに口を尖らせた。命令して好きになってもらうのは、間違っている。そんな事をすると思われたのは心外だ。
「敬愛しています。貴女に対しても、王ルシオ様や教父パリス様に対しても」
そして、その『好き』は明らかに意味合いが違う。アリーナは頭を横に振る。
「そういう事じゃなくて。恋愛的な『好き』に対してよ。『好きになって』と言われたら、どう答える?」
「…姫様が私に仰ったら、ですか?」
クリフトはすっと笑みを引っ込めた。
「それは御命令で…?」
「違う!そんな人の心を弄ぶような命令をする筈ないでしょ!」
アリーナはムッとした顔を返す。対するクリフトは静かに見返した。
「ですが、貴女が先程の言葉を私に対して用いれば命令となります」
「だから、私はそんな事…」
アリーナははっと思いつき、手を打つ。
「…一般論!そう、一般論を聞いているの」
「嗚呼、一般論ですか」
クリフトは少し安心したような笑みを浮かべると頷いた。
「だとすると、希望的な願い、という事でしょうか?」
「そう、希望的な感じ」
クリフトは復唱するアリーナに微笑む。
「恋愛的な意味合いでしたら、願われても努力して誰かを好きになるのは難しいと思います。好きになるのはきっと…」
クリフトは見返すアリーナの瞳を覗き込みながら言葉を紡いだ。
「何時の間にか、そう、誰に命じられる訳でもなく、自分でも判らない内に自然と愛しいと想う感情を抱くものだと……思いますから」
その瞳の中に淡い感情が混ざっているように見えるのは、私の気のせいなのだろうか?
好きになって欲しいと願う、私の。
アリーナは瞳を揺らしながら頷く。
「…そっか。そうだよね」
私の事を好きになって欲しい。
命令なんてとんでもない。
だからと言って、願うだけでは駄目だ。
「好きになってもらう為には、努力が必要だよね?」
クリフトは考える素振りを見せた後、微笑んだ。
「そうですね」
「解った。有難う、クリフト」
アリーナが愛らしい笑みを浮かべるとクリフトは少し照れたような笑みを返しながら頭を下げる。
「お力になれたようで安心致しました」
「姫、そろそろ出発するから持ち場に戻ってー」
「了解!」
トルネコとの打ち合わせを終えたぺヴァルが声を掛けると、アリーナは直ぐに頷いた。
「…お気をつけて、姫様」
微笑むクリフトにアリーナも笑顔を返す。
「うん、大丈夫」
私ももっと努力しよう。
この人に『私の事を好きになって』もらえるように。
そう思いながらクリフトに背を向けたアリーナは、自分の持ち場に向けて走り始めた。


end.



前後編で書きました「恋のおまじない」、以上で終了となります。

この続き、クリフト君サイドでちょっとだけ書く予定です。
恋のおまじない・続き」、宜しければご覧下さいね。


この記事へのコメント:
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
http://princessprist.blog27.fc2.com/tb.php/2090-fa8a5d87
Calender

日付をクリックすると、その日に更新した記事に飛びます♪

07 ≪│2018/08│≫ 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

阿月さくら

Author:阿月さくら
ドラクエ4のサントハイムを中心とした二次小説を書いています。
SINCE.08/03/05

  • 《管理者ページ》
  • 投票
    限定解除したSSのお知らせ

    限定解除したSSの一覧」でご確認ください。

    ドラクエ風

    flash boreal kiss

    バナー

    二次サイト様のみリンクフリーです。



    勿論、テキストリンクでも結構です(^^)
    その際はtopページでお願いします。

    過去のバナーは→こちら

    ※現在は更新もままならない状態の為、相互リンクは受け付けておりません。

    お世話になっているリンク様

    お世話になっています。

    相互リンク(イラストサイト様)


    相互リンク(テキスト&イラストサイト様)



    相互リンク(テキストサイト)様

    Oscillo Scope Ver.2 玩具のない王国

    相互リンク(携帯サイト様)

    閉鎖された相互リンク様
    カテゴリー

    ♪記事名をクリックすると、隠れているカテゴリーが開きます

    リンク
    ブログ内検索

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文: