FC2ブログ
ドラゴンクエスト4のクリフト×アリーナ(クリアリ)を中心とした二次創作サイトです。
3 身代わり
「は…はい」
エルフは膝を付くとルシオを見上げる。数百年は生きているであろうが、その顔は幼女のように純真無垢。ルシオは瞳を揺らした後、一息に告げた。
「勇者の旅立ちが迫っている。だが、魔物共はその旅立ちを妨害するだろう。魔王自らが隠れ里に乗り込み、その命を刈り取る」
「そんな!嗚呼、…ペヴァル……!」
エルフは顔を覆い俯くも、次の瞬間には気丈にも顔を上げる。
先程までの弱々しさは微塵も無い、強い顔が其処にはあった。
「予言王様。私はペヴァルを…、勇者様を救いたい。どうか私に道をお示し下さい」
ルシオはエルフの頭に手を伸ばした。触れる事は流石に出来なかったが、優しい色の髪は太陽の光で煌めく。
「……エルフの娘よ。お前は、勇者の身代わりとして死ぬ覚悟はあるか」
酷い事を言っている自覚はある。苦しそうに顔を歪めながら紡ぐルシオを労わる様に、エルフは穏やかに微笑み頷いた。
「…その為の命です」
エルフは己の胸の上に手を置く。
「幼いあの子の手を握った時から覚悟はしています」
「…そうか」
…何だ?ルシオは己の身体の違和感に眉を顰めた。身体が揺すられるような感覚。
俺の身体が無理矢理覚醒させられそうになっている……!?
「…っ!…時間が無い!」
「予言王様?如何なさいました?」
ルシオの異変に気付いたエルフの娘は表情を硬くする。ルシオは酔っているように早口で捲し立てた。
「…もうじき隠れ里を魔物が襲う。勇者が殺される訳にはいかない。だが、魔物はまだ弱い勇者を生かす事も、取り逃がす事も無いだろう」
「だから…身代わりになる」
「そうだ。勇者を逃がす為にお前は写し身の魔法モシャスを使い、勇者の身代わりとなる。さすればお前はその力で勇者の未来を守る事が出来るだろう」
「はい、予言王様…。その時が間近と知る事が出来て良かった。そしてあの子が救える事に安心しました。私は残りの時を大切にする事ができそうです」
「駄目だ!話は此処からだ!!」
人間は、卑怯で愚かな生き物だ。デスピサロ、お前の言う通りだ。
自分の為なら平気で他人を犠牲にする。ああ、そうさ、その通りだ!
俺がどんな未来を望んだところで、誰かを犠牲にする。
完璧な人間が居ないように、完璧な未来なんて存在しない。
「未来が動くまで僅かな時が残されている。お前はこの僅かな時の間に考えろ、お前が絶対に生き残る方法を!」
「で、ですが…、私も村の者達もぺヴァルの為なら命など」
「勇者の為に生き長らえろ。魔物にお前達の平和を売り渡す俺の為にも!俺は魔物共の言いなりになっただけではない、勇者の先の未来を救う為に予知夢を紡いだと思いたい」
「でも私が生き残れば勇者の生存を魔物達に知られ、貴方が危険な目に…」
戸惑うエルフにルシオは精一杯微笑む。
「俺の事は気にするな。…良いな?」
「…はい、サントハイム王様」
すまない、エルフの娘よ。勇者よ。
ルシオが心の中で詫びた瞬間、先程よりも大きく身体が揺すられ、首を絞めつけるような感覚に支配された。


・・・4 生き残る為の代償

この記事へのコメント:
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
http://princessprist.blog27.fc2.com/tb.php/2216-445fec9a
Calender

日付をクリックすると、その日に更新した記事に飛びます♪

07 ≪│2018/08│≫ 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

阿月さくら

Author:阿月さくら
ドラクエ4のサントハイムを中心とした二次小説を書いています。
SINCE.08/03/05

  • 《管理者ページ》
  • 投票
    限定解除したSSのお知らせ

    限定解除したSSの一覧」でご確認ください。

    ドラクエ風

    flash boreal kiss

    バナー

    二次サイト様のみリンクフリーです。



    勿論、テキストリンクでも結構です(^^)
    その際はtopページでお願いします。

    過去のバナーは→こちら

    ※現在は更新もままならない状態の為、相互リンクは受け付けておりません。

    お世話になっているリンク様

    お世話になっています。

    相互リンク(イラストサイト様)


    相互リンク(テキスト&イラストサイト様)



    相互リンク(テキストサイト)様

    Oscillo Scope Ver.2 玩具のない王国

    相互リンク(携帯サイト様)

    閉鎖された相互リンク様
    カテゴリー

    ♪記事名をクリックすると、隠れているカテゴリーが開きます

    リンク
    ブログ内検索

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文: