FC2ブログ
ドラゴンクエスト4のクリフト×アリーナ(クリアリ)を中心とした二次創作サイトです。
7 滅びの未来
ふっとルシオは瞳を開けた。見慣れ始めたデスパレスの汚れた壁が目の前にあり、座り慣れてきた椅子に座している。
エスタークはアッテムト鉱山に居る。
だが、今それを魔族に伝えれば勇者達は魔物に先を越されてしまう。
彼等に何とか伝える方法は無いだろうか?
「……無い、よなぁ」
ルシオは腕組みをし、背凭れに身体を預ける。
エルフの娘の時のようには行かないだろう。エルフには自身の思いを他のエルフに伝える能力があるという。恐らくその力と予知夢が作用してあのような現象が起きたに過ぎないのだから。
遥か昔、魔力が暴走しかけ、予知夢の残骸のようなものがイムルの宿屋に焼き付いてしまった事がある。それを解放する事が出来れば、現実に起きた夢を見る事があるかも知れないとブライが言っていた。
つまり、エルフの娘の時と同じように、こっちの言葉を夢を介して伝える事も可能であるという事。
だが。
「…どう利用して良いのかも判らんな」
こんな時、パリスが居れば何かしらの知恵を授けてくれるかも知れないが。
「…いや。あいつはあいつであの小さな石の中で戦っているんだ。俺だって負けてはいられないさ」
かと言って、自分に出来る事は夢の中で未来を視るだけ、つまり、寝る事だけで。
「……だけどそれって、どうなんだろうなあ」
ルシオは苦笑いを浮かべた。
全てが終った後、パリスに嫌みの一つは言われそうだ。

数日後。
ルシオは予知夢の中で佇んでいた。
…深い森。勇者の隠れ里があった森…?
いや、違う。ルシオは森の木々の間から覗く石壁の塔を見上げる。あんな建造物は無かった。
『さあ泣け!泣いてルビーの涙を流すんだ!』
下卑た男達がエルフの少女を殴りつける。すでに傷だらけとなった少女は血反吐を吐いた。
人間が、エルフを…!
ルシオはぐっと拳を握る。何という欲深く、下劣な真似を。
『大丈夫か?しっかりしろ、ロザリー!』
現れた銀髪の魔王はロザリーと呼ばれたエルフの娘を掻き抱く。少女は震える指を魔王の青白い頬に伸ばし、優しく撫でる。
死の鎌はその繊細な命を間も無く刈り取ってしまうだろう。
『ピ…サロ様…お願いです…私の最後の…我儘を聞いて…下さい…ど、どうか……野望を捨てて私と…二人きりで…ずっと……』
がくりと娘の首が傾いだ。魔王の頬から温かな指が滑り落ち、血色の瞳が大きく見開かれる。
そして、眠るように穏やかな表情を浮かべる愛しい少女の亡骸を抱き締め、叫んだ。
『……許さん…許さんぞ、人間共!例えこの身がどうなろうとも一人残らず根絶やしにしてやる!』

「…っ!」
ルシオはかっと瞳を見開いた。知らず息が上がっている。
何だ、この夢は…?
私は唯一人の命の為に世界に仇を成す。
デスピサロの言葉が脳裏に甦る。この娘の事か…!魔物では無く、エルフの、娘…!!
そうなった経緯など解らない。
解っている事は唯一つ、デスピサロは大切なエルフを失う事となる。
愚かな人間の手によって。
「この未来は…危険だ。あの魔王の心を壊す…!」
世界は滅びへと歩み始める。


・・・聖杯の章
・・・1 語るべき時

この記事へのコメント:
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
http://princessprist.blog27.fc2.com/tb.php/2220-66118e44
Calender

日付をクリックすると、その日に更新した記事に飛びます♪

09 ≪│2018/10│≫ 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

阿月さくら

Author:阿月さくら
ドラクエ4のサントハイムを中心とした二次小説を書いています。
SINCE.08/03/05

  • 《管理者ページ》
  • 投票
    限定解除したSSのお知らせ

    限定解除したSSの一覧」でご確認ください。

    ドラクエ風

    flash boreal kiss

    バナー

    二次サイト様のみリンクフリーです。



    勿論、テキストリンクでも結構です(^^)
    その際はtopページでお願いします。

    過去のバナーは→こちら

    ※現在は更新もままならない状態の為、相互リンクは受け付けておりません。

    お世話になっているリンク様

    お世話になっています。

    相互リンク(イラストサイト様)


    相互リンク(テキスト&イラストサイト様)



    相互リンク(テキストサイト)様

    Oscillo Scope Ver.2 玩具のない王国

    相互リンク(携帯サイト様)

    閉鎖された相互リンク様
    カテゴリー

    ♪記事名をクリックすると、隠れているカテゴリーが開きます

    リンク
    ブログ内検索

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文: