FC2ブログ
ドラゴンクエスト4のクリフト×アリーナ(クリアリ)を中心とした二次創作サイトです。
4 竜の神の価値
心地良い子守歌のような安らぎが身体を包む。
これは爺の魔力吸引魔法?
ルシオは瞳を開いた。
…金色の…竜?
淡い光の中で雄々しき翼を広げる金色の竜は、紅の瞳でじっと此方を見つめている。
嗚呼、こいつか。俺の散々な運命をただ見ているだけの、神。
文字通り、高見の見物しかしてこなかった、竜の神マスタードラゴン。
ひと言言ってやりたかったんだ。
「良い気になるなよ。この世界を守っているのは、お前じゃない」
ってさ。

「……ルシオ様」
淡い光が消え、視界が戻ると目の前に居たのはパリス。パリスはルシオの意識が戻ったと知るとほっと息を吐いた。
パリスの無事に安堵を覚えた後、ルシオは乾いた喉を押し広げるように声を発する。
「此処は…?」
そして、身体を起こしながら周囲に目を向けた。
風を感じる。鳥の囀りも。
そして、目の前には白亜の城。
ルシオは目を見開く。
「サントハイム城…!!」
帰って来た、何が何だか解らないが。
「俺達、助かったのか」
「ええ、皆無事です!貴方の魔力が爆ぜて、あの宝玉の中に居た者は皆意識を失ってしまいましたが、目が覚めると何故か此処に。不思議な事に誰一人として怪我もしておりません」
マスタードラゴンの仕業か。ルシオは燥ぐパリスの横顔を見ながら顎に手を当てた。エスタークの元へ行ったアリーナ達は無事なのだろうか?
ルシオの心の中の問いに答える様にパリスは振り返り、ルシオの腕を引く。
「それより、ほら、魔物の気配が無い!きっと姫様達がエスタークとデスピサロを倒したのですよ!」
アリーナ達が…?ルシオは瞳を瞬かせた。
地獄の帝王の復活を阻止し、あの途方も無い力を持つデスピサロを倒した?
だが、それしか考えられない。
結果が全てを物語っている。
「……ふっ。…ふははっ!!」
呆然としていたかと思うと突然笑い始めたルシオにパリスは驚きながら恐る恐る声を掛けた。
「ルシオ様…?」
「ざまあ見ろ、マスタードラゴン!天空で高見の見物しかしないお前より、地上を這いずり回った俺の娘達の方がこの世界には余程価値がある!!」
空に向かって叫ぶルシオにパリスはぎょっと肩を竦める。
「ちょっと、ルシオ様!神に対して何という暴言を…!」
慌てるパリスを無視し、ルシオは互いの無事を喜び合っている城の者達に号令を掛けた。
「世界を救った英雄達が間も無く帰還する!出迎えの準備を怠るな!!」


・・・5 赤い瞳との再会

この記事へのコメント:
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
http://princessprist.blog27.fc2.com/tb.php/2225-3c2e0d89
Calender

日付をクリックすると、その日に更新した記事に飛びます♪

09 ≪│2018/10│≫ 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

阿月さくら

Author:阿月さくら
ドラクエ4のサントハイムを中心とした二次小説を書いています。
SINCE.08/03/05

  • 《管理者ページ》
  • 投票
    限定解除したSSのお知らせ

    限定解除したSSの一覧」でご確認ください。

    ドラクエ風

    flash boreal kiss

    バナー

    二次サイト様のみリンクフリーです。



    勿論、テキストリンクでも結構です(^^)
    その際はtopページでお願いします。

    過去のバナーは→こちら

    ※現在は更新もままならない状態の為、相互リンクは受け付けておりません。

    お世話になっているリンク様

    お世話になっています。

    相互リンク(イラストサイト様)


    相互リンク(テキスト&イラストサイト様)



    相互リンク(テキストサイト)様

    Oscillo Scope Ver.2 玩具のない王国

    相互リンク(携帯サイト様)

    閉鎖された相互リンク様
    カテゴリー

    ♪記事名をクリックすると、隠れているカテゴリーが開きます

    リンク
    ブログ内検索

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文: