FC2ブログ
ドラゴンクエスト4のクリフト×アリーナ(クリアリ)を中心とした二次創作サイトです。
5 父と子の絆
「改正案を提出しましょう」
凛とした静かな声にルシオとクリフトはぎくりと顔を強張らせ、振り返った。
扉の前に立つのは、サントハイム神教会の頂点に立つ教父パリス。青い髪を優雅に束ねた美しき聖職者は女性と見紛う美貌を持つものの、孫が居るルシオと同年代の男性である。
「パリス……お前」
「王、クリフト。私にも関係のある話だというのに居ぬ間にこそこそされるのは不愉快ですね」
「申し訳ありません、パリス様」
直ぐに頭を下げたクリフトは、謝罪の言葉を口にする。パリスはクリフトに瞳を向けた。
「出過ぎた真似をしてしまいました。ですが、パリス様のお立場を思えば……」
「それが不愉快だと言っているのです!」
パリスの怒声にクリフトの肩がびくりと震える。ルシオは溜息を吐きながらクリフトとパリスの間に入った。
「悪気が無いのは、お前が一番よく知っている筈だぞ」
「…譬え私の名で出したとしても、終身制廃止法案の提出は憶測を呼びます。業務全般はクリフトが仕切っているのです、彼が権力を求めた、そう陰口を叩かれるのは目に見えています」
「パリス様…、ですが私は」
泣きそうな顔を上げるクリフトにパリスは悲しそうに微笑む。
「少しは私にも頼って下さい、神教会の頂点は私なのです、あなたが全て背負う必要等無い。血の繋がりの無い師弟関係ではありますが、幾つになろうとあなたは私の息子、私はあなたの親であると思っています。あなたを守る為なら私は謂れの無い責苦など幾らでも笑って耐えましょう」
「……パリス様」
クリフトは頷き、瞳を伏せると胸の聖十字の紋章を握りしめた。
「パリス様、感謝致します」
その拳に涙が一粒、零れ落ちる。
「…申し訳ありません」
涙声で謝罪の言葉を口にするクリフトの拳をじっと見つめたまま、ルシオは考える素振りを見せながら顎に手を当てた。


・・・「第2章 1 サントハイム大会議」に続きます。

この記事へのコメント:
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
http://princessprist.blog27.fc2.com/tb.php/2237-b68012bd
Calender

日付をクリックすると、その日に更新した記事に飛びます♪

09 ≪│2018/10│≫ 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

阿月さくら

Author:阿月さくら
ドラクエ4のサントハイムを中心とした二次小説を書いています。
SINCE.08/03/05

  • 《管理者ページ》
  • 投票
    限定解除したSSのお知らせ

    限定解除したSSの一覧」でご確認ください。

    ドラクエ風

    flash boreal kiss

    バナー

    二次サイト様のみリンクフリーです。



    勿論、テキストリンクでも結構です(^^)
    その際はtopページでお願いします。

    過去のバナーは→こちら

    ※現在は更新もままならない状態の為、相互リンクは受け付けておりません。

    お世話になっているリンク様

    お世話になっています。

    相互リンク(イラストサイト様)


    相互リンク(テキスト&イラストサイト様)



    相互リンク(テキストサイト)様

    Oscillo Scope Ver.2 玩具のない王国

    相互リンク(携帯サイト様)

    閉鎖された相互リンク様
    カテゴリー

    ♪記事名をクリックすると、隠れているカテゴリーが開きます

    リンク
    ブログ内検索

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文: