FC2ブログ
ドラゴンクエスト4のクリフト×アリーナ(クリアリ)を中心とした二次創作サイトです。
ずっと昔から。 クリフト編その2
「…しかし、俺達だけで作れるかなぁ?」
部屋の扉を開け、ぺヴァルが振り返る。
夕食当番の二人は食堂に向おうとしている。準備をするには少し早い時間だが、作った事のないフルーツタルトを作るには遅い気もする。
レシピ本を抱えたまま後に続いたクリフトは扉を締めながら首を捻った。
「何とかなるんじゃないですか?」
「ミネアさんにもお願いした方が良くないか?」
提案するぺヴァルをクリフトは非難するような目で睨む。
「あなたは直ぐにミネアさんに頼りますね」
ぺヴァルとミネアはまるで姉弟のようだ。村を滅ぼされ、仲間も無く心身共に弱っていたぺヴァルを予言の勇者であると見抜き、マーニャと共にその心を支えたミネアは、マーニャ以上にぺヴァルを可愛がっている。
ぺヴァルもまた自分に手を差し伸べてくれた最初の仲間ミネアを全面的に慕っている。
「ミネアさんもそれを喜んでいるのだから、良いんですかね…」
呆れたように息を吐くクリフトの背後で咳払いの声が聞こえた。
「っ…!ミネアさん!」
「聞こえていたわよ、クリフトさん?」
ミネアは苦笑いを浮かべているクリフトの顔を下から覗き込む。
「悪口では無いですよ?」
「そうかしら?…で、ぺヴァル。私に頼みたい事って何かしら?」
ミネアはにっこりと可愛い弟分に笑顔を向ける。
「あのさ、フルーツタルトを作ろうと思うんだ。夕食の後に皆に振る舞えるように。…上手く行くか心配なんだけどさ」
「タルト台を作って焼いている間にカスタードの準備をすれば、1時間弱で出来上がると思う。…心配なら私も手伝いましょうか?」
「え、良いの?」
ぺヴァルが瞳を輝かせる。
そう言ってもらえるように仕掛けた癖に。ミネアに悟られぬよう、クリフトは無言でぺヴァルを睨んだ。
「ぺヴァル!何の悪巧みをしているの?」
背後から抱きしめられたぺヴァルは顔だけ振り返ると「げっ」と声を出す。
「マーニャさん!」
「私も混ぜてよ」
その言葉にクリフトが噛み付いた。
「駄目です!あなたが絡むと碌な事にならない!」
「あんたには言ってないでしょ」
ぺヴァルを解放したマーニャは唇を尖らせる。
「俺達、悪巧みなんてしてないから」
取り成すぺヴァルを疑わしそうに眺めながら、マーニャは豊かな胸の下で腕を組んだ。
「じゃあ何の相談よ?」
「ちょっと夕食の後に食べる菓子でも作ろうかと…」
「菓子?」
「フルーツタルトをね」
「…ふーん」
マーニャの登場に不機嫌な溜息を吐いた後、ミネアはぺヴァルに手を振り、
「少し準備をしてくるわ。先に行って待っていてね」
自身の部屋の方へと向かった。


・・・「ずっと昔から。 クリフト編その2」に続きます。

この記事へのコメント:
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
http://princessprist.blog27.fc2.com/tb.php/2257-5090f4fc
Calender

日付をクリックすると、その日に更新した記事に飛びます♪

07 ≪│2018/08│≫ 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

阿月さくら

Author:阿月さくら
ドラクエ4のサントハイムを中心とした二次小説を書いています。
SINCE.08/03/05

  • 《管理者ページ》
  • 投票
    限定解除したSSのお知らせ

    限定解除したSSの一覧」でご確認ください。

    ドラクエ風

    flash boreal kiss

    バナー

    二次サイト様のみリンクフリーです。



    勿論、テキストリンクでも結構です(^^)
    その際はtopページでお願いします。

    過去のバナーは→こちら

    ※現在は更新もままならない状態の為、相互リンクは受け付けておりません。

    お世話になっているリンク様

    お世話になっています。

    相互リンク(イラストサイト様)


    相互リンク(テキスト&イラストサイト様)



    相互リンク(テキストサイト)様

    Oscillo Scope Ver.2 玩具のない王国

    相互リンク(携帯サイト様)

    閉鎖された相互リンク様
    カテゴリー

    ♪記事名をクリックすると、隠れているカテゴリーが開きます

    リンク
    ブログ内検索

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文: